[PR]

 食物アレルギーなどで起こるアナフィラキシー症状を抑える物質を、東京大の研究チームがマウスの実験で発見した。この物質の働きを強める化合物も突き止めており、チームは数年後の治療薬や予防薬の開発を目指すという。研究成果は、27日付の米国アレルギー学会誌(電子版)で発表した。

 アナフィラキシー症状は、食べ物やハチの毒などアレルギーの原因物質が免疫細胞の一つである肥満細胞を刺激。炎症を起こすヒスタミンなどを出すことで起きる。重症だと血圧や体温が急激に低下し、死亡するおそれもある。

 東大農学部の村田幸久(たかひさ)准教授と中村達朗特任助教らは、肥満細胞からヒスタミンと共に出る「プロスタグランジンD2(PGD2)」に注目。遺伝子操作でPGD2を作れないようにしたマウスにアナフィラキシー症状を起こす薬剤を投与すると、血圧や体温の下がり方が通常のマウスの2倍になるなど重症化した。

 このことから、PGD2に症状を抑える「ブレーキ」の働きがあると判明。PGD2の働きを強める化合物を投与すると症状が軽くなることも確認した。

 PGD2は人間にもあり、アナフィラキシー症状時に放出される。村田さんは「化合物は、体に元々備わっているアナフィラキシーを抑える働きを強めるもの。副作用や体への影響が少ない予防薬や治療薬につながる可能性がある」と話す。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(川村剛志)