[PR]

 昨年、フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権を制した坂本花織(17)=神戸ク=は、今も昔もフィギュアへの思いは変わらない。

「衣装、ちくちくするー」

 「赤ちゃん顔やな。衣装のスパンコールがめっちゃちくちくするーって思っていた。ジャンプとかを覚えて、めっちゃ楽しくてしかたがないときですね」。初めて大会に出た5歳のころの写真を見てこう振り返る。

 神戸市出身。家族で見るのが日課だったNHKの連続テレビ小説『てるてる家族』で、フィギュア選手だった主人公の姉に憧れて、興味を持った。4歳で近所のスケートリンクに滑りに行き、競技を始めた。

 「4歳のころはスケート教室に入っていて。当時のビデオを見ると、キャッキャしながら楽しそうにはしゃいでいる様子だった」。一番最初にスケート靴を履いたときから、すーっと氷の上に乗っていた。恐怖心もなく、新しいジャンプや技を覚えることがとにかく楽しかったという。

 ただ、最初からフィギュア一本ではなかった。

■水泳かフィギ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら