[PR]

 ブロック玩具「レゴ」を使って作ったロボットの能力などを競う「ファースト・レゴ・リーグ(FLL)」の世界大会に、追手門学院大手前中・高校(大阪市中央区)の生徒4人が出場する。18日から米アーカンソー州で世界各国の代表と競う。

 出場するのはロボットサイエンス部の多田遥香さん(高校1年)、赤井恒太さん(中学3年)、山本舞香さん(中学2年)、中本才門さん(同)。チーム名は「追手門スペースチャレンジャー」だ。

 東京都で2月にあった全国大会で、日本代表の9チームの一つに選ばれた。FLLは子供たちを対象にした世界最大規模のロボット競技会。制限時間内にロボットを移動させたり、物を届けさせたりする課題をこなす競技に挑む。また科学研究なども発表し、その合計点を競う。

 チームはFLLに向け、ロボッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら