拡大する写真・図版 米海軍の原子力空母カールビンソンの艦載機FA18と飛行する航空自衛隊のF15戦闘機(右)=28日、沖縄県の東方海域、航空自衛隊提供

[PR]

 防衛省は28日、沖縄県の東方の空域で航空自衛隊那覇基地(沖縄県)所属のF15戦闘機2機と、米海軍の原子力空母カールビンソンの艦載機FA18戦闘攻撃機2機が共同訓練を実施したと発表し、その様子の写真を公開した。

 カールビンソンなどの艦隊は23日から、西太平洋から東シナ海にかけての海域で海上自衛隊の護衛艦「あしがら」「さみだれ」の2隻と共同訓練を実施しており、空自のF15部隊はこれに加わった。28日午前は、空自のF15部隊と艦載機・FA18部隊は模擬の空中戦や編隊飛行などをした。

 空自はこの訓練を26日に実施する予定だったが、悪天候のため2日間延期していた。(土居貴輝)

こんなニュースも