[PR]

 宅配便最大手ヤマトホールディングス(HD)は28日、個人客向けの基本運賃を140~180円値上げすると発表した。9月中にも実施し、平均15%程度の値上げになる。違法な長時間労働が常態化する宅配ドライバーらの待遇改善に、増収分を充てる方針だ。

 「宅急便」の基本運賃は、荷物の大きさと発着距離ごとに定めている。縦・横・高さの3辺の合計が80センチまでの荷物を送る場合は一律140円、80センチ超~120センチは一律160円、120センチ超~160センチは一律180円(いずれも税別)を、それぞれ上乗せする。たとえば、東京から関西に荷物を送る場合の運賃(税別)は、80センチなら1千円から1140円に、140センチなら1600円から1780円に上がる。

 一方、配達先をヤマトの全国の直営店に指定すれば50円安くする割引を新設する。将来的には、再配達を利用しない場合の割引の導入も検討している。

 消費増税時の上乗せを除けば、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら