海底6千mにマネキンの頭部 深海のゴミ、漫画本や靴も

有料会員記事

石田一光
[PR]

 マネキンの頭部にサンダルや漫画本……。日本周辺を中心に深海にたまったゴミの動画や画像を、国立研究開発法人「海洋研究開発機構」(本部・神奈川県横須賀市)が、ホームページで公開している。国際的に問題になっている海洋ゴミ問題に関心を持ってもらおうと4月から始めた。

 公開しているのは動画約1700点と画像約680点。潜水調査船などが30年以上にわたる調査で見つけたものを集めた。ゴミの種類や見つかった場所、深さ、周辺に生物がいるか否かといった情報を付け、検索できるようデータベース化した。

 見つかったゴミは、ポリ袋や金属缶が多いが、スニーカーなどもある。

 マネキンが見つかったのは1991年7月。有人潜水調査船「しんかい6500」が、日本海溝の深さ6280メートルにある割れ目で確認した。1年後にも同じ場所にあるのを確認した。堆積(たいせき)物が積もり、深海生物もいた。

 最も深い場所は、マリアナ海溝の深さ1万900メートルの海底。98年5月に無人探査機「かいこう」が、複数のポリ袋とみられるゴミを見つけた。

 機構は80年代前半から、調…

この記事は有料会員記事です。残り448文字有料会員になると続きをお読みいただけます。