[PR]

 昨年2月にがんの手術を受けた病院には、大きな桜があった。見舞いにきた先輩記者と並んで写真を撮った。

 「これが最後の桜かもしれない」。ならば、この経験を逆手に取り、少しでも記者として成長して散りたい、と考えた。

 がんは、日本では二人に一人がかかるとされる。経済格差、性別、病気の有無。いろいろな基準によって二分される国民の「弱いほう」の見方が心からできるようになれたら――。だが、甘かった。そんなことを考えられるのはよほど体調がいいときだけだ。

 抗がん剤の点滴を受けるため、10日に1回ほど通院する。各フロアに患者と家族が集まっている。似通った境遇なのだから、少しは悩みなどを語り合う気持ちになっても良さそうだが、そうはならない。

 あまりの体調の悪さに心の余裕…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら