[PR]

 トランプ米政権が「力による平和」外交で北朝鮮包囲網の構築を試みる最中、北朝鮮が対抗するようにミサイルを発射した。その狙いは何か。米国と中国は、北朝鮮による核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射という「重大な挑発」を抑え込むため、牽制(けんせい)し合いながら協調するという神経戦を続けている。

外交圧力の強化を訴え 米国

 ミサイルは、米国による外交と軍事の二つの圧力の合間を縫って撃たれた。

 「今、行動を起こさなければ、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら