[PR]

 少子化の時代にもかかわらず売れ行きが好調の幼児向け抱き人形「メルちゃん」シリーズ。今年は誕生25周年。子どもを取り巻く環境の変化をとらえながら、新たにファン層を広げ続けている。

 3月中旬、名古屋市緑区の大型ショッピングモールのおもちゃ売り場には、メルちゃん用の服や道具を熱心に見つめる、もなちゃん(2)の姿があった。母親(34)は「お風呂に入れたり、ご飯をつくったり、寝かせたり。メルちゃんのことが大好きで、いつも一緒にいます」とほほえむ。

 手がけるのは、筆記具生産で知られるパイロットインキ(本社・名古屋市)。「消せるボールペン」に使われている、温度によって変色するインキ技術を応用し、1992年に誕生した。36度以上のお湯でぬらすと髪がピンク色に変わる。

 同社によると、「年間10万個でヒット」という玩具業界で、発売から10年、20年たっても20万~30万体台の出荷数を保ってきた。特に2015、16年は2年連続で40万体を超えているという。

 少子化の時代に、なぜなのか。…

この記事は有料会員記事です。残り769文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも