[PR]

 東芝は31日、8月末以降に臨時株主総会を開くと発表した。同日、6月の定時株主総会を28日に開催することを決めたが、2017年3月期決算に監査法人の「お墨付き」が得られる見通しが立っておらず、定時総会で正式な業績の説明ができないためという。

 東芝によると、決算に監査法人の承認を得る手続きにはまだ時間がかかり、定時株主総会の2週間前までに株主に送る招集通知に決算書類が添付できない。一方、有価証券報告書の提出については、6月末の期限までに関東財務局に提出する努力を続けるという。

 6月の定時株主総会では、決算手続きの現状を説明するほか、エネルギー事業の分社化を株主に諮る。現経営陣の臨時株主総会までの継続も議案とし、元会長の志賀重範執行役は定時総会日付で退任するという。

こんなニュースも