【動画】1億5540万円で競り落とされたマグロがギネス世界記録に認定され、認定証が授与された
[PR]

 2013年に東京・築地市場の初競りで1億5540万円で競り落とされた青森・大間産の222キロの本マグロが「セリで落札された最も高額なマグロ」としてギネス世界記録に認定され、1日、落札したすしチェーン「すしざんまい」の運営会社に認定証が授与された。

 築地であった認定式で運営会社「喜代村」(東京)の木村清社長は「新記録をもって日本の外食産業、水産業、経済を前向きに発展させていくよう今後も一生懸命頑張る」と話した。同社は12年の初競りから6年連続で本マグロを最高値で落札。今年も7420万円で競り落としている。

 世界記録に認定された本マグロは1キロ約70万円で、1貫4万~5万円に相当する。同じ日に競りにかけられた大間産本マグロの1キロ2万8千~4万3千円に比べて破格の高値で、当時は市場関係者から「純粋なマグロの評価による値段ではない」という冷ややかな声も聞かれた。(東郷隆、酒本友紀子)