【動画】サンゴの「白化」が広がるオーストラリアのグレートバリアリーフ=環境調査会社「リーフ・エコロジック」のナタン・クック氏撮影
[PR]

 世界最大のサンゴ礁で有名なオーストラリアの世界自然遺産グレートバリアリーフで、サンゴの死につながる「白化現象」が昨年から2年連続で起き、日本の国土の3分の2近い規模に広がっている。地球温暖化による海水温上昇が主因とみられる。米国が温暖化対策の「パリ協定」離脱を決め、いっそう危機感が広がる。

 豪北東部ケアンズから北東に約30キロ、小型の遊漁船に1時間半ほど揺られると、波が穏やかになった。海に入り、海中をのぞくと、魚たちが泳ぐ海底に白く変色したサンゴが点在していた。

 「予想通り、ここでも白化が確認できました」。同行した海洋環境調査会社リーフ・エコロジックのナタン・クックさん(44)が説明した。ここ、ミコマスケイ礁は、今年に入って白化が広がったグレートバリアリーフの中部海域にある。

 白化は、サンゴに共生する「褐虫藻」という生物が、海水温の上昇などのストレスによって離れてしまい、サンゴが白色に変化する現象。褐虫藻がつくる栄養分をもらえなくなったサンゴは、南半球が冬となる7、8月ごろまでに褐虫藻が戻ってこなければ死に絶えてしまう。

 クックさんが、緑がかったサン…

この記事は有料会員記事です。残り1623文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1623文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1623文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!