[PR]

 たばこの自動販売機を設置することについて、約7割が禁止すべきだと考えている――。国立がん研究センターが世界禁煙デーの31日、調査結果を発表した。5月9~12日、喫煙者1千人を含む計2千人の成人にインターネットで聞いた。

 同センターによると、日本も批准する、たばこ規制枠組み条約の指針は、たばこの自販機は広告や販売促進にあたるとして禁止を推奨。海外では多くの国が、設置を規制している。

 国内でも自販機の設置を禁止すべきだと思うかを聞くと、41%が「禁止すべき」、27%が「どちらかというと禁止すべき」と答えた。指針が禁止を推奨するコンビニエンスストアなどでのたばこの陳列販売については31%が「禁止すべき」、24%が「どちらかというと禁止すべき」と答えていた。

 学校の近くや通学路沿いなど、未成年者が多く利用する店のたばこ販売についても聞くと、約68%が禁止に賛成していた。

 調査したセンターの平野公康研究員は「国内では、コンビニやスーパーなど多くの場所でたばこに接することができる。健康に害を及ぼすたばこに、未成年者らが容易に手を出さないための対策が必要だ」と話している。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(黒田壮吉)