[PR]

 預金口座から即座に代金が引き落とされる「デビットカード」の利用が広がっている。日本銀行が1日に初めて公表した利用状況の調査によると、2016年度の決済件数は推計で前年度比38%増の1億756万件。決済金額も8921億円で15%増えた。

 デビットカードには、銀行のキャッシュカードを使う「Jデビット」と呼ばれるタイプと、クレジットカードのシステムを使う「ブランドデビット」と呼ばれるタイプの2種類がある。利便性が高く、決済時の手数料収入が見込めることから、ビザ(VISA)などクレジットカードのシステムを利用した「ブランドデビット」のカードを、銀行が相次いで発行している。

 調査によると、16年度の決済額はJデビットが前年度比2%減の4061億円だったのに対し、ブランドデビットは34%増の4859億円で、初めてJデビットを抜いた。日銀によると、発行している銀行は16年末で28行。15年末(15行)からほぼ倍増した。

 ただ、カード全体の決済額のうち、クレジットカードが89%、電子マネーが9%を占める。デビットカードはわずか2%にとどまるが、日銀は「口座の残高を確認しながらお金を使いたい人は一定数はいる。デビットカードはさらに普及するだろう」(決済機構局)とみている。(真海喬生)