宮内庁の西村泰彦次長は1日、天皇陛下の退位後に両陛下を支える組織「上皇職」を新設し、上皇侍従長、上皇侍従次長を設置する方針を示した。定例の記者会見で語った。職員数など態勢の詳細は未定で、退位後の両陛下の活動と併せて検討するという。

 退位後は現在の皇太子ご一家を支える侍従職や、秋篠宮ご一家を支える新たな「皇嗣職」にも人員配置が必要になることから、職員数について「必要であれば増員は要求したい」と述べた。具体的には退位を実現する特例法の成立後、検討するとした。

 一方、退位後の両陛下がどのような活動をするかは「全く白紙の状態」だとし、「基本的には両陛下のご意向も踏まえつつ、権威の二重性が生じない形でご活動いただく」と述べた。(多田晃子)