[PR]

 指定暴力団神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)から組員が離脱し、新組織の結成を表明したことを受け、警察庁は1日、関係する都道府県警の担当者を集めた緊急会議を開き、情報収集や取り締まりの徹底を指示した。

 警察当局は、指定暴力団山口組(本部・神戸市)と三つどもえの抗争状態に発展しないか、各団体の動向を注視していく。

 神戸山口組の一部の幹部らは4月30日、兵庫県尼崎市の組事務所で集会を開き、親睦団体「任俠(にんきょう)団体 山口組」の結成を表明した。神戸山口組の直系団体や、同組内の最大組織「山健組」(神戸市)傘下の計三十数団体が新組織に参加する動きがある。神戸山口組の組員は約2600人(昨年末時点)で、離脱する組員はうち数百人と見込まれるという。

 会議には、神戸山口組が勢力を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら