[PR]

 トヨタ自動車は10日、2017年3月期決算(米国会計基準)が5年ぶりの減益となり、18年3月期も2年連続で減益になりそうだと発表した。連続減益は同じ基準で比べられる1998年3月期以降は前例がない。円高がさらに進み、主力の米国市場で苦戦すると見込んだ。

 2017年3月期決算は、売上高が前年比2・8%減の27兆5971億円、営業利益は30・1%減の1兆9943億円、純利益が20・8%減の1兆8311億円。減収も減益も5年ぶり。東日本大震災が響いた12年3月期以来だ。

 グループの販売台数は1・6%増の1025万台で過去最高を2年ぶりに更新したが、為替が前年より1ドルあたり12円円高の108円になったのが響いた。海外での稼ぎが円ベースで減り、輸出採算も悪化した。

 あわせて発表した18年3月期の業績予想は、売上高を前年比0・4%減の27兆5千億円、営業利益を19・8%減の1兆6千億円、純利益を18・1%減の1兆5千億円と見込んだ。

 為替は、さらに3円円高の1ド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら