[PR]

 最高裁の寺田逸郎長官が3日の憲法記念日を前に記者会見し、憲法改正の議論に対し「国の全ての法の基本にある憲法をどのようにするかということは、まさに国民的な議論に委ねるべき問題だ」と述べた。

 近年の社会情勢については「既存の枠組みや秩序への疑念が様々な場面で顕在化している」との認識を示し、「『法の支配』を実現することを使命とする裁判所の役割は重みを増している」と述べた。

 昨年5月に成立した刑事司法改革関連法で、来年までに犯罪捜査の現場で司法取引が始まる。寺田長官は「我が国にはこれまでなかった制度。関係者の動きを注視しつつ、裁判官同士で議論をして施行に備える必要がある」とした。(千葉雄高)