[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、平壌科学技術大学に会計学教授として招請されていた米国人のキム・サンドク氏を「国家を転覆しようと敵対的な犯罪行為を行った」として4月22日、平壌国際空港で拘束したと報じた。現在、関係当局がキム氏に対する調査を行っているという。

 北朝鮮は現在、キム氏も含めて米国人3人を拘束している。今後、米国を交渉に引き出し、優位に立とうとする狙いとみられる。(ソウル=東岡徹