[PR]

 「投票に行きましょう」「投票は未来への投資」――。韓国大統領選の投票を促す動画のコメントだ。役所のお堅い呼びかけと思うなかれ。人気俳優のイ・ビョンホンさん、チョン・ウソンさんといった韓流スターや作家ら38人の著名人が無償で出演を買って出た。韓国の有権者だけでなく、日本の韓流ファンにも一見の価値がありそうだ。

 9日に迫った今回の大統領選。朴槿恵(パククネ)前大統領が罷免(ひめん)されたことで、いつもは冬に行われていた投票が5月に前倒しされた。花咲く季節の選挙ということで、このキャンペーンは「0509バラプロジェクト」と銘打たれた。

 所属する団体に関係なく、趣旨に賛同した著名人らが参加。出演者以外にも、企画、撮影などにたくさんの人たちが協力した。

 イ・ビョンホンさんは日本のファンもとりこにしてきたあの低い声で、「私は、私が望む大統領を選びに行きます」と語る。

 「選んでください」「任せてください」「私にとって投票とは」の3編がある。中央選挙管理委員会ホームページの広報資料(http://www.nec.go.kr/portalVt/bbs/list/B0000398.do?menuNo=200192&viewType=B別ウインドウで開きます)から見ることができる。(ソウル=金順姫