[PR]

 子どもたちが通り抜けているのは、こいのぼりの中。大型連休でにぎわうお伊勢さん菓子博の会場(三重県伊勢市)に4日、全長25メートルの巨大こいのぼりが現れた。

 東日本大震災で被災した東北の子どもたちを阪神大震災を経験した神戸から応援しようと、2012年に始まった「スイミープロジェクト」でつくられたこいのぼりだ。中に入った子どもたちは、歓声を上げながら色鮮やかな空間を見回していた。

 イベントは5日にも。通り抜けのほか、会場に全長10メートルのこいのぼりも掲揚される。(川津陽一)