[PR]

 たかやま、うえもと、いとい――。こどもの日の5日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われた阪神―広島戦で、スコアボードの選手と審判名がひらがなで表記された。球場の歴史で初の試みという。

 主催する阪神球団の「ゴールデンウィーク こどもまつり」と銘打った企画の一つ。活躍した選手を少しでも覚えてもらい、言葉にしやすいようにという思いが込められている。

 7日までの3連戦で行われる。同姓選手がいる場合は「たかはしみ」(広島の高橋樹也〈みきや〉)と、名前の頭文字も小さく表示された。