[PR]

(6日、阪神12―9広島)

 阪神にとって球団史上初となる9点差からの大逆転勝利。2死からの執念深い打撃が舞台を整えていく。

 まさか、と思わせたのは、2年目の高山だ。5―9と追い上げた六回2死満塁、変化球に上体を泳がされながら、とらえる。「なんとか粘れた」と右翼線へ走者一掃の三塁打とした。

 1点差で七回へ。今度はドラフト5位の新人糸原(JX―ENEOS)。打席の直前、本塁クロスプレーがあり、リプレー検証に約15分もかかった。さらにセーフがアウトに覆り、球場は騒然とした。その雰囲気にのまれない肝の太さがある。「集中力は切らさなかった。つなぐことを考えていた」。2死一、二塁から右前に転がし、同点に。打撃好調の梅野が2点三塁打で仕上げた。

 金本監督もびっくりだ。「9点…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも