[PR]

 安倍晋三首相は8日、自らの憲法改正案を表明して以降、初めて公の場に立った。衆院予算委員会では「首相」と「党総裁」の立場を使い分け、批判を避けたり、秋波を送ったり。党役員会では改憲議論の加速を指示したが、足元からは批判の声も上がっている。

 「どんな立派な案でも、衆参両院で(改憲発議に必要な)3分の2を形成し、国民投票で過半数の賛成を得なければ、言っているだけに終わる」

 首相は同日夕、自民党役員会で党内での改憲論議を加速させるよう「党総裁」として指示した。

 役員会に先立つ衆院予算委員会では、「首相」と「党総裁」を使い分け、説明を避ける場面が目立った。

 民進党の長妻昭氏は、3日の首…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら