[PR]

 松山市の県庁本館が今年で完成から米寿(88歳)を迎えることを記念し、県は本館で結婚式を挙げるカップルを1組程度募集している。挙式は11月19日で、募集は5月31日必着。

 県庁本館は1929(昭和4)年に完成。知事が執務する県庁舎としては全国で3番目に古く、県内に残る数少ない近代洋風建築物。ドームを中心に左右対称で建てられており、空から見ると鳥が翼を広げたような形になっているのが特徴だ。

 結婚式は河原パティシエ・医療・観光専門学校(松山市)と連携。同校ブライダル・ホテル科の学生が教育カリキュラムの一環として挙式を演出し、当日の進行などを務める。式場は辞令交付式などで使われる4階の正庁で、3階の知事応接室が新郎新婦控室、知事会議室が親族控室になる。施設使用料は無料だが、衣装代や演出費などは式を挙げる人の負担になる。

 公共施設のため結婚式は「人前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら