[PR]

 2013年を最後に開かれずにいた「宇治川花火大会」について、主催する宇治市、宇治商工会議所、市観光協会がこのほど、今年は4年ぶりに復活させる方向で検討を始めた。

 花火大会は13年まで毎年8月に開かれ、20万人前後が訪れていた。だが、14年は川の増水で中止。その後、13年の福知山市の花火大会会場での爆発事故も受けて、安全対策や打ち上げ場所の変更などを協議してきた。

 今回、開催時期は8月を目標にし、従来通り宇治橋下流の宇治川右岸で打ち上げることにした。花火の数や規模などの縮小や、複数日に分けて開催することも検討する。商店街のにぎわい創出イベントもあわせて実施したいという。

 市観光協会の担当者は「警備態…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら