[PR]

 広島市中区の広島中央署で、証拠品の現金8572万円が盗まれたことが発覚した際、現金を保管していた金庫は2重に施錠されていたことが11日、捜査関係者への取材でわかった。鍵は所定の場所で管理されていたといい、広島県警は内部犯行の可能性が高いとみて捜査を進めている。

 捜査関係者によると、金庫は1階の会計課にあり、ダイヤル式の暗証番号と、差し込み式の鍵の二つで施錠するタイプ。課員が8日夜、管理者の課長の机の引き出しの錠が壊されているのを発見。金庫の鍵は引き出しの中で保管しており、金庫を調べたところ、被害がわかった。鍵は机の中に戻されていたという。

 この現金は、県警が今年2月、生前贈与を持ちかけて手数料名目で金をだまし取る多額詐欺事件で押収した。事件では「生前贈与したい」と、うそのメールを不特定多数に送信し、返信してきた相手に「手数料が必要」などとして現金を振り込ませていたという。被害者は全国で400人以上、被害総額は1億6500万円に上るとされる。

 県警は多額だったため、捜査す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら