[PR]

 14日に初日を迎える大相撲夏場所の取組編成会議が12日に東京・国技館であり、2日目までの取組が決まった。左腕などのけがで調整が遅れていた横綱稀勢の里は、初日に小結嘉風、2日目に隠岐の海の挑戦を受ける。

 1年ぶりの優勝を目指す横綱白鵬は千代の国、嘉風、大関昇進がかかる関脇高安は大栄翔、大関豪栄道の順で当たる。5度目のカド番となる豪栄道の初日の相手は隠岐の海。十両以上に休場はいない。

こんなニュースも