朝日新聞所蔵の10万枚以上の皇室写真からえりすぐりを紹介する「皇室写真館」は、天皇、皇后両陛下の長女紀宮さま(黒田清子さん)と東京都職員黒田慶樹さんとの婚約・結婚についての写真を中心に紹介します。

 2005年1月2日、皇居・宮殿で開かれた新年一般参賀で、紀宮さまは皇太子妃雅子さまと並び、集まった人たちの歓声にこたえました。数日前に婚約を発表したばかりとあってお祝いムードに包まれました。

 2月には北海道の旭山動物園を訪問し、雪の上を散歩するキングペンギンを笑顔で見守りました。3月には両陛下と栃木県の御料牧場を訪れ、竹林沿いの道を散策しました。

 黒田さんはクラシックカメラが趣味で、紀宮さまが興味深そうにカメラを手に取る写真も。

 11月には結婚式を機に皇室を離れることを神前に告げる儀式「賢所皇霊殿神殿(けんしょこうれいでんしんでん)に謁(えっ)するの儀」が皇居内の宮中三殿でありました。この儀式を重いものと考えた紀宮さまは、天皇陛下の即位の礼で身につけた十二単(ひとえ)で臨みました。

 結婚式は11月15日。東京都千代田区の帝国ホテルで開かれた結婚披露宴では、引き出物としてボンボニエール(お菓子入れ)が出席者に配られました。紀宮さまのお印「未草(ひつじぐさ)」が目をひきます。これに先立って行われた記者会見では、黒田さんの話に静かにうなずく紀宮さまの姿が印象に残ります

関連ニュース