【動画】アーケードの半分焼ける 西武園ゆうえんち=熊倉隆広撮影
[PR]

 埼玉県所沢市山口の「西武園ゆうえんち」で12日夜に起きた火災で、県警や消防は13日朝から実況見分を始めた。店舗などが並ぶ長さ約135メートルの「アーケード大通り」の半分ほどが焼けたとみられ、けが人はなかった。同園は臨時休園し、再開は未定という。

 同園を運営する西武レクリエーションによると、アーケードは金属製の枠とアクリル板の屋根でできており、高さ約6メートル。中に並ぶ約10店舗のうち、クレープ店、韓国料理店など3店舗が全焼し、アーケードの屋根も骨組みを残して半分ほど焼け落ちた。周辺にある4機種のアトラクションの乗り物や運転台も焼けた。

 同社によると、12日は午後4時半に閉園し、同8時ごろに事務所にいた社員が退園した後は無人だった。夜間、園の入り口は施錠されるが、内外を仕切る柵は高さ1メートルほどだという。