【動画】神田祭の神幸祭 両さんのバルーンも登場=林敏行撮影
[PR]

 日本三大祭りの一つと言われる神田祭の神幸祭(しんこうさい)が13日にあった。氏子108町会の山車やみこしなどの大行列が日本橋や秋葉原の約30キロを練り歩いた。

 神田明神(千代田区)の神田祭は2年に1度開催される。神幸祭は明神様を乗せたみこしなどの行列が東京の下町を巡行し、町をはらい清める神田祭のメイン神事。神事のひとつ「総代献饌(けんせん)」は日本橋の「薬祖神」付近であった。

 この日はあいにくの雨だったが、日本橋の商店街では多くの人が傘をさして沿道に集まり、笛や太鼓の音と共に近づいてくる行列を待ち、写真を撮るなどしていた。家族と見ていた地元の小学5年の鎌野泰成君(10)は「馬とみこしの行列がたくさん並んでいて楽しかった」と話した。

 14日は大小約200のみこしが練り歩く宮入(みやいり)があり、神田祭は17日の例大祭まで続く。(張守男)