【動画】「せち焼き」の作り方=金居達朗撮影
[PR]

 御坊市に「せち焼き」という名物料理がある。名前からは想像がつかないその料理は、御坊の方言で「むちゃくちゃにする」という意味の「せちがう」という言葉に由来するという。一体、どのような料理なのか。

 同市湯川町財部の「元祖せち焼き やました」は、1955年ごろに初代山下夏子さんが開業した。孫で3代目の尾井実紀さん(40)によると、当初は駄菓子屋のような営業をしており、近所の人たちに火鉢に乗せた鉄板で料理も振る舞っていた。いつしか客から「焼きそばを卵とせちごうてくれ」と頼まれるようになり、「せち焼き」ができあがった、という。

 焼きそばを作る要領で、千切りキャベツ、麺、具材を炒める。その上に生卵を二つ割り、「せちがう」。鉄板の上で1、2分待つと焦げ目がついて卵焼きのような香ばしい匂いがする。あとはお好み焼きと同様にソース、マヨネーズ、かつお節、青のりを振りかけていく。つなぎは卵のみでシンプルだが、焼き上がりは半熟の卵がトロトロ、食べ終わる頃には少しかたくなり、食感が変わっていくのが面白い。

 尾井さんは、「初代が若かった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら