[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は14日、訪問先の中国・北京で、北朝鮮による弾道ミサイル発射を「我が国として断固、抗議する」と非難した。同日開幕した「シルクロード経済圏構想(一帯一路)」の国際会議分科会で行われた講演で語った。

 中国の習近平(シーチンピン)・国家主席の提唱する国際会議の当日に発射されたことを受けて、二階氏は「国際社会が心を一つにして、世界の平和的な交流と発展を目指す『一帯一路』フォーラムのこの日に、かかる挑発行為を行うことは許されない」と強調した。(北京=山岸一生)

こんなニュースも