[PR]

田崎昇さん(1944年生まれ)

 日本政府が核兵器禁止条約の交渉会議への不参加を表明した3月、被爆地・長崎からは政府の対応に抗議し、批判する声が相次いで上がった。NGOなどの市民団体と長崎県、長崎市でつくる核兵器廃絶地球市民長崎集会実行委員会も急きょ記者会見を開き、「核兵器国と非核兵器国の橋渡し役に徹してきた日本の役割を放棄する宣言にも聞こえる内容だった」と政府を批判した。その場に、田崎昇(たさきのぼる)さん(73)もいた。

 田崎さんは元長崎市職員。初代の平和推進室長を務めるなど、市役所勤務のうち23年間は平和関係の仕事に携わった。退職後は大学院で核兵器廃絶の理論を学んだ。現在も核をめぐる市民運動に関わる。「経験を生かしてお手伝いはするけれど、私は運動を引っ張っていく人間ではない」と言う。終戦前年に生まれ、戦後は諸谷義武氏、本島等氏、伊藤一長氏と3代の市長のもとで平和行政に携わった田崎さんに、平和都市・長崎の歩みを聞いた。

 田崎さんは1944年、当時の時津村横尾(現在の長崎市)に生まれた。実家は長崎近郊の農家で、8人きょうだいの下から2番目だった。きょうだいの名前には戦時中の世相が表れている。4番目の兄は正勝(まさかつ)、次の兄は力(ちから)、そして昇(のぼる)。戦後に生まれた弟は栄(さかえ)と名付けられた。

 45年8月9日、1歳だった田崎さんは自宅の庭で木のたらいに水を浮かべ、水遊びをしていたらしい。爆音が響き、ガラスが割れ、わらぶきの家は傾いた。田崎さんは驚いてぎゃあぎゃあと泣いていたと後年、母から聞いた。自宅は爆心地から5・5キロ。次男の次男(つぎお)さんが家族で唯一、学徒動員中に道ノ尾で被爆してけがをしたが、ほかに被害はなかった。

 長崎市内の高校に進学するまで、原爆のことを意識したことはなかったという。兄以外に、身近に被爆者はいなかったし、原爆の痕跡を目にすることもあまりなかった。被爆体験を語るとき、「生々しい体験のない私でいいのか」と思うこともある。

 長崎市職員時代に市主催の海外原爆展で通訳もこなした田崎さんの原点は、中学時代から熱中した洋画だ。映画好きの兄の影響で、住吉の映画館に週1回のペースで通うようになった。年間100本ほど洋画を見た。中でも、米軍人の実体験を基に制作された、第2次大戦での米海軍潜水艦と日本軍との戦いを描いた「深く静かに潜航せよ」(ロバート・ワイズ監督、1958年制作)が一番のお気に入りだった。

 洋画のおかげで英語が大好きになった。長崎西高から長崎大経済学部と進学する中で、文法やペーパーテストの受験英語は得意だったが、実際に外国人と話す機会はなかった。「外国に行きたい、留学したいと夢を持っていたが、現実には難しいことは分かっていた」。1ドル360円の固定相場の時代、日本の置かれた経済状況を考えると、簡単な夢ではないことは分かっていた。

 少しでも英語に触れていたい。そんな思いで大学卒業後は大阪の繊維商社に就職した。

 時は高度成長期、会社の景気も良かった。化学繊維を製造元から発注先へと受け渡すのが仕事だった。海外への憧れがあったものの、留学を諦めた田崎さん。念願だった外国人との英会話は会社の職員研修でかなった。

 しかし、2年勤めた後に退職した。「『もうかりまっか』のような大阪の独特の風土というか、昔ながらの上方の商売の仕方に、これはついていけんと思った」。長崎へ戻り、新聞で市職員募集の広告を見つけ応募した。長崎開港400年記念事業に向け、英語ができる職員を募集していた。

 1970年に26歳で長崎市役所に入庁。秘書課渉外係で通訳や翻訳、姉妹都市などとの対外交渉の仕事を任せられた。「原爆のことに対する意識は無かった」という田崎さんは、市役所に入ったことで原爆に関わるようになっていく。

 市役所に入って5年。75年に米国テキサス州のサンアントニオと、長崎市と姉妹都市のミネソタ州セントポールで初の海外原爆展が開かれた。田崎さんも通訳として現地に同行した。米国への配慮からか、セントポールでの原爆展では長崎の文化や観光も合わせて展示した。「まだそこまで機は熟していなかった。正面から訴えるには、まだ抵抗があった時代だった」

 一方で、「少なからず市民感情に影響を与えられたと思う」と振り返る。当時の諸谷市長が全米で放送されるニュース番組に出演し、原爆のことを語った。

 退役軍人だったのだろうか、年配の男性から街中で「何をしに来たのか」と田崎さんは問われた。原爆展のことを伝えると、「日本が真珠湾を攻撃して戦争を始めたから、原爆が落ちた」と言われた。何も言葉を返せなかった。このときの体験が、後に「原爆のことを体系的、理論的に学ぼう」と市役所を早期退職して大学院で学ぶきっかけになった。

 田崎さんの市役所での経歴をた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら