[PR]

 夜中にパソコンに向き合い、原稿を書くことがある。取材ノートを見返し、うんうんうなりながら構成を考えるとき、傍らに置くのがコーヒーだ。ガブガブ飲むわけではない。ちょっと飲んで、少しリフレッシュ。原稿に向かい、また一口飲む。こういう飲み方をする人が、けっこういるらしい。サントリー食品インターナショナルは、これを「ちびだら飲み」と呼び、4月に「CRAFT BOSS(クラフトボス)」を発売した。注目したのは、飲み方の変化の背後にある「働き方の変化」だ。

     ◇

 3月中旬に開かれた製品発表会で、担当者はクラフトボスの特徴を「澄みわたるコク」と表現した。机の上には、少ししゃれたペットボトル入りの新製品が用意されていた。どれどれ。栓を開け、一口飲んでみた。う~ん。すっきりはしているが、これまでのブラック缶コーヒーとそんなに違いはないような……。

 だが、この商品の真骨頂は、一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも