[PR]

 雑誌からスマホへ――。人気漫画誌を発行する大手出版社がスマートフォン向け漫画アプリへの進出を加速させている。背景には、深刻な雑誌離れがある。多くの作家を抱えていても、アプリでは後発。業界の垣根を越えた競争が始まっている。

 小学館のアプリ「マンガワン」は4月、サービス開始から2年5カ月で1千万ダウンロードを突破した。1日平均130万人以上がアクセスする。

 「雑誌に載せるよりも、知名度が上がる」。マンガワンの和田裕樹副編集長(39)はその影響力を指摘する。オリジナル作を中心に約60作を順次、毎日更新する。1日最大8話まで無料で読めるのが売りだ。

 一部を無料にしても、単行本の収益が狙える。多くの人に知ってもらう「プロモーション媒体」と位置づける。14巻までの累計発行部数が170万部に達する「モブサイコ100」などの人気作も出ている。

 講談社は4月から1カ月間、アプリの開発会社と技術者を公募。大手では取り組みが早く、8年ほど前から開発を進めており、現在「マガジンポケット」など複数のアプリを展開する。

 同社で初の一般公募を提案したのはヤングマガジン編集部の村松充裕副編集長(37)。漫画に最適のアプリは各社とも試行錯誤の段階だ。「改善点があれば即応できるスピード感が欲しい。ネットで『社に持ち帰って検討します』では遅すぎる」。年内にも新たなアプリを投入するという。

 各社がアプリに力を注ぐ背景には、紙の漫画誌の急激な落ち込みがある。

 3大漫画誌と言われる「週刊少年ジャンプ」(集英社)や「週刊少年マガジン」(講談社)、「週刊少年サンデー」(小学館)はいずれも部数減が続く。

 ジャンプはピークの1994年に650万部を超えていたが、今年、200万部を割り込んだ。マガジンも昨年、100万部の大台割れ。サンデーの31万9千部はこの10年足らずで6割超という減り方だ。

 マンガワンの和田副編集長は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら