[PR]

 インターネット上で資金集めをするクラウドファンディング(CF)の手法で支援を求めていた男子プロバスケットボールB2の鹿児島レブナイズは18日、集まった金額が目標の1500万円に達したと発表した。選手会の林亮太代表は「支援していただいた方の思いを胸に、(チームを)絶対に存続させたい」とのコメントを出した。

 レブナイズの選手会は、今季を終えるために必要な資金1500万円を集めるために3月11日からCFを開始。募金活動で集めたり、スポンサーへ働きかけたりした資金と合わせ、ネット上で集計額を随時報告してきた。4月20日ごろに1千万円を超え、17日午後5時半ごろ、1500万円に達したという。

 CFの掲示板には期間中、300件以上の応援コメントが投稿された。「北海道から応援してます」「島根で試合を見ました!とても気持ちのいいチームだと感じました!」などと全国のファンにも支援の輪が広がっていた。CFは締め切りの19日午後11時まで受け付けている。(野崎智也)