[PR]

 各地の小学校、中学校で4月から7月にかけて実施中の「全国体力調査」で、圧倒的な成績を誇るのが福井県だ。過去8回の調査で、小学5年男女はすべて1位。中学2年も1位が男子で3回、女子で5回ある。その秘密はどこにあるのだろうか。

 4月下旬、福井県内であった小中学校の体育科と保健体育科の研修会。県教育庁が全国体力調査の結果分析や、2013年から取り組む、1日1時間は体を動かそうという小学校での試みについて説明した。その後、休み時間を延ばして体力作りをする「業間体育」などについて、現場の教員同士が話し合った。

 「業間体育」は福井の特色とされているが、同様の取り組みは全国に広がっている。県教育庁の担当者は「昔ながらの取り組みを続けているだけで、他と比べたら遅れているかもしれない」と話した。

 では、好成績を挙げ続ける秘密はどこにあるのか。県内の小、中学校で25年以上の指導経験があり、全国的な研修にも参加したことがある男性教諭は「子どもががんばろうと思う環境を作ること」をポイントに挙げた。「福井県は学級作りが優れている」と自負する。

 背景に、三つの独自策があると県教育庁は説明する。一つ目は少人数学級。国の標準は小1が35人、小2~中3が40人だが、福井では小1から小4まで35人、小5、小6は36人、中1は30人、中2、中3は32人としている。小学校は31人以上の学級を複数の教員で指導している。

 二つ目は中学の「縦持ち」。一人の教員が同学年の複数学級を担当する「横持ち」の方が授業準備の面などで効率がいいが、福井では一人の教員が複数学年を担当し、教員同士が協力する。そして三つ目は、頻繁な教員の学年会議。週1回は開き、子どもの状況などについての情報共有を心掛けている。視察に訪れる他の都道府県からは、きめ細かさに驚かれるという。

 文科省が小6と中3を対象に行っている全国学力調査でも福井は全国トップクラスだ。県教育庁は「体力作りに限らず、学校が一体となって取り組む文化がある」と胸を張る。

■「現場の熱意」が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら