[PR]

 マツダが量産に成功したロータリーエンジン(RE)が世に出てから、30日で50年となった。「夢のエンジン」と呼ばれたが、石油危機にバブル崩壊、リーマン・ショックと時代の荒波にもまれ続け、姿を消した。でも、復活を望む声はやむことがない。

松下幸之助氏に「1号車」

 貴重な写真がマツダに残る。1966年5月25日、REを搭載した「コスモスポーツ」の試作車のドアを開け、乗り込もうとするスーツ姿の男性。松下電器産業(現パナソニック)の創業者、当時71歳の松下幸之助氏を写した1枚だ。

 「すばらしいですね」

 時は高度経済成長期。国内外の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら