[PR]

匠の圭

 最後はフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の時速220キロのサーブが、錦織圭(日清食品)が懸命に伸ばした右腕の先を抜けていった。イタリア国際男子シングルス3回戦。スコアは6―7、3―6。この試合を象徴する幕切れで、昨年4強入りした錦織は8強進出を逃した。

 「今日は彼はサーブが良かったですね」

 錦織は記者会見で、デルポトロの印象を聞かれて答えた。198センチの長身を武器に高い打点で打ち下ろしてくるサービスは威力満点。第1セットで、相手の第1サーブが入ったときの錦織のリターンゲームのポイント獲得率は、わずか16%。対照的に、デルポトロは錦織の第1サーブが入ったときに、40%を自分のポイントにできていた。

 ただ、救いはあった。5―6と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら