[PR]

 毎日86万人が乗り降りするJR大阪駅。有馬敏夫さん(66)=大阪市北区=は、自宅からてくてく歩いて中央南口前の雑踏に着くと、「悩みある人 話して少しは楽になって」と手書きした段ボール紙を広げる。(下地毅)

 横目で見たり、指をさしたり。多くは通り過ぎる。

 「『なんや、あのオッサン』と、笑われるだけでもいい。人を笑顔にできたから」

 立つ。話を聞く。それだけのことを、昨年の5月に始めた。「お前も世の中に役立つことをしたらどうや」。ボランティアで子どもの貧困対策に取り組む知人から、そう言われたのがきっかけだった。

 考えて、「話し相手します」という一文が浮かんだ。孤独な老人、社会との断絶といった言葉が前から気になっていたので、思いついたのだろうと言う。

 方法は?とまた頭をひねり、「おじいちゃん、おばあちゃん 若いころの話、して下さい」と段ボール紙に書いて立つことにした。

 2カ月間、だれも寄りつかなか…

この記事は有料会員記事です。残り877文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り877文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り877文字有料会員になると続きをお読みいただけます。