[PR]

 島根県雲南市の電柱で営巣中だった国の特別天然記念物コウノトリの雌が誤射された問題で、同市教委は21日、残されたヒナ4羽を保護した。健康状態に問題はなく、今後は兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)で人工飼育していくという。

 雌は19日、猟友会の会員にサギと間違われて射殺された。雄がヒナに餌を与え、世話していた。市教委によると、雄1羽ではヒナが外敵に襲われる危険性が増すことや炎天下では衰弱する恐れもあったため、保護することにしたという。

 ヒナの誕生は今年4月に確認された。1971年に野生で姿を消して以来、豊岡市一帯以外の野外での誕生は2例目だった。(井潟克弘)