[PR]

 女児の下着の写真を撮影したとして、大阪府警は22日、同府吹田市五月が丘東、無職丹羽正樹容疑者(47)を強制わいせつなどの疑いで逮捕、送検し、捜査を終えたと発表した。大阪地検は府迷惑防止条例違反などの罪で起訴した。「女児の下着が好きだった」と話しているという。

 捜査1課によると、丹羽容疑者は今年2月中旬、府内の共同住宅の階段で、5~7歳(当時)の女児3人の下着姿を携帯電話で撮影した疑いがある。

 府警は、2014年5月~今年2月にかけて、丹羽容疑者がほかの女児6人(当時4~8歳)を公衆トイレや公園に誘い出し、同様の行為をしていたことを裏付けたとしている。「撮らせてくれたらチョコをあげる」などと誘っていたといい、携帯電話には女児とみられる写真が100枚以上保存されていたという。