[PR]

 「浅草まで徒歩30~40分」。駅を降りると至る所にこんな注意書きがある。同じ「浅草」でも、江戸城からの道筋に架けられた橋の名に由来する浅草橋は、観光地から離れた問屋街。駅東の江戸通りには人形や手芸用品の店が連なる。

 「昔は浅草寺への行き方をよく聞かれたね」。通りでひときわ華やかな「長谷川商店」(東京都台東区)の長谷川公章社長(50)はこう話す。3代続く人形問屋は夏になると花火、冬にはクリスマス用品を販売する。端午の節句を終えて、店は「衣替え」で大忙し。五月人形が500種類以上の花火に入れ替わり、まるで別の店として生まれ変わったようだ。

 長谷川社長は夏の間、「花火コ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも