[PR]

 福岡市博多区で昨年7月に7億5千万円相当の金塊が盗まれた事件で、福岡、愛知両県警は23日、男3人を窃盗などの容疑で公開指名手配した。これまでに逮捕した7人を含め計10人前後が金塊の窃盗や売却に関わったと両県警はみている。

 福岡県警捜査3課によると、指名手配したのは、いずれも住所、職業不詳の野口直樹(43)、中垣龍一郎(40)、菅野透(37)の3容疑者。

 野口、中垣両容疑者は、すでに逮捕されている土木関連会社役員の野口和樹容疑者(42)=名古屋市千種区=ら5人と共謀。昨年7月8日午前9時半ごろ、福岡市博多区のビルの入り口で、金塊の売却に訪れた貴金属会社役員ら数人に対し、警察官のふりをして「密輸品なのはわかっているぞ」と迫り、すきを見て金塊160キロや現金130万円入りのケースを盗んだ疑いがある。

 捜査関係者によると、野口直樹…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら