[PR]

 1歳の次男に床に落とすなどの暴行を加えたとして、兵庫県警は24日、同県姫路市宮上町1丁目の自称建設作業員、小国(おぐに)亮容疑者(30)と妻の典子容疑者(24)を殺人未遂の疑いで逮捕し発表した。次男は頭を強く打っており、意識不明の重体。2人は調べに対し、暴行したことを認めているが、殺意は否定しているという。

 姫路署によると、2人の逮捕容疑は23日午後5時半ごろ、自宅アパートで次男を床に落とし、さらに腹部を蹴るなどして殺そうとした疑い。次男は外傷性硬膜下血腫と診断され、病院に入院中という。

 2人は次男の泣き声がやみ、反応がなくなったことに気づき、姫路市内の小児科診療所に次男を運んだ。医師に「(亮容疑者が)抱っこしている際に転び、けがをした」と説明したが、医師が虐待を疑い、119番通報。消防が県警に連絡した。

 その後、署の事情聴取に対し、典子容疑者は「夫が次男が泣きやまないのに腹を立てて落とした。私も蹴った」と説明した。亮容疑者も暴行については認めているという。

 署や県姫路こども家庭センター(児童相談所)などによると、一家は次男との3人暮らしで、6歳の長男は児童養護施設に入所している。長男は2015年、亮容疑者と典子容疑者らからの暴行事案をきっかけに保護された。センターは今年4月に家庭訪問して次男の様子を確認し、問題ないと判断していたという。