[PR]

 シリコンバレーで、このところ話題になっているのが、自動運転車の次にくるもの。「飛ぶ車」だ。

 グーグル創業者のラリー・ペイジ氏が支援していると言われるキティーホーク社が試作機を飛ばし、配車アプリの「ウーバー・テクノロジーズ(ウーバー)」はテキサス州ダラスやアラブ首長国連邦のドバイなどと提携し、2020年までに「空飛ぶタクシー」のデモを目指すという。

 SFのような話だが、2、3年前は絵空事に見えた自動運転車が、いまや町中をテスト走行しているシリコンバレー。頭上を車が飛ぶ世界が出現するのは、そんなに先の話ではないかもしれないと思えてくる。

■…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも