[PR]

 24日午前10時過ぎ、横浜市磯子区の魚加工会社「フーズシステム」の男性従業員から「気分が悪くなった」と119番通報があった。従業員の男女計16人が市内の病院に搬送されたが、いずれも症状は軽いという。

 磯子署によると、同社は冷凍マグロの加工業務が中心。マグロを切るカッターを消毒する際、塩酸と何らかの薬品を混ぜる過程で塩素が発生したのが原因とみられる。塩素もれによる工場周辺の避難などは起きていないという。