[PR]

 死者8人を出した1974年の三菱重工ビル爆破など、70年代に起きた連続企業爆破事件に関わり、殺人などの罪に問われて死刑が確定した大道寺将司(まさし)死刑囚(68)が24日午前、東京拘置所で死亡した。法務省が同日、発表した。死因は多発性骨髄腫だった。

 大道寺死刑囚は71~75年、「東アジア反日武装戦線」を名乗る集団が建設会社などに相次いで爆弾を仕掛けた事件に関与した。87年に最高裁で益永(旧姓片岡)利明死刑囚(68)とともに死刑が確定したが、「爆破装置の正確な知識や威力について認識がなく、殺意はなかった」として、再審を請求していた。

 法務省によると、大道寺死刑囚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら