[PR]

 日本禁煙学会は24日、屋内全面禁煙を求める要望書を安倍晋三首相や厚生労働省、自民党に送ったと発表した。要望書は、受動喫煙の対策を強化する法改正について、原則屋内禁煙とする厚労省案に賛同するよう求めている。

 要望書は「すべての人が受動喫煙の危害から守られる法整備こそが必要不可欠」と主張。大西英男衆院議員による「(がん患者は)働かなければいいんだよ」との発言について、「背景には一個人のみならず党全体として、受動喫煙の害を軽んじる風潮があると思わざるを得ない」と批判している。